RFID電子タグに偽造防止機能があるのはなぜですか?

RFID電子タグsはもともとアイテムの管理に使用されていました。 ただし、RFIDテクノロジーのアプリケーションがますます集中的になるにつれて、RFID電子タグページを使用して、偽造防止クエリおよびトレーサビリティクエリを実行できます。 どうしてそうなった?
今では誰もがブランド認知度を持っています。 消費者は偽の商品を購入したくないので、ブランド製品の信頼性を識別して、彼らがだまされるのを防ぎます。 メーカーもブランド保護に対する意識を強化しています。 自分の利益を守るだけでなく、消費者が自信を持って買い物をするのにも役立ちます。

一般的な偽造防止クエリフォームには、多くの編集偽造防止サインがあり、一部はバーコードとXNUMX次元コードの検証、一部は混合検証であり、公開番号またはWebアドレスを介して照会できます。 あなたがそれについて考える場合、あなたが遭遇した製品がこの偽造防止機能を持っていることを知っていますか?

従来のバーコード技術と比較して、RFID電子ラベル偽造防止技術は時間と労力を節約し、コストを効果的に削減し、作業効率を改善します。 RFID電子タグは、消費者の権利を保護し、製品の信頼性を確保できる安全な品質の消費を提供する企業です。 安心して購入できます。 非常に重要な製品なので、ますます多くの企業がRFID偽造防止タグを使用し始めています。

通常のタグと比較して、RFID電子タグには小さな内蔵RFIDチップがあります。 このチップは世界で唯一のものです。 チップは商品の情報を編集および記録できます。 RFID電子タグを商品に埋め込むことにより、特定の商品を識別する役割を果たします。 情報は無線周波数信号とリーダーと交換され、識別作業は手動の介入を必要としないため、偽造防止の役割を果たします。